車に関する知識集ついて
歩き時の交通安全対策

交通安全についていろいろなパターンから分析しよう!初歩的なことからマニアックな情報までいろいろまとめました。

運転免許取得をこれからお考えの方、すでに運転免許を取得されている方も運転免許に関する用語について一緒に勉強&復習をしてみませんか? 合宿免許を今後お考えの方も知っておいて損はない交通安全についてここにまとめてみました!

歩き時の交通安全対策について

◤歩き時の交通安全対策について

日常生活の中で歩道や路側帯を歩き、それらがない道路がある場合は車をカンタンに確認できるようにするために必ず右側を歩行するようにし車の動きに注意しましょう! また、歩道のない交通量の多い道路などでの立ち話など通行の妨げになるようなことは非常に危険ですのでやめましょう。また、電動いすなんかを使用するときは、歩行者としての交通ルールをしっかり自覚し、交通マナーをを守って快適な運転社会を築いていきましょう。 また、十分に操作方法を取得した上で通行するようにしましょう。

 

◤道路を横断するときの交通対策について

横断歩道や信号機のある交差点が近くにあるときは、必ずその横断歩道や信号機のあるところを横断するようにしましょう。また、横断歩道橋や横断用地下道などの安全に横断するための公共施設がある場合は、できるだけその施設を利用するようにしましょう。 また、斜め横断はわたる距離が長くなり運転者にとって大変危険ですのでやめましょう。 信号機のある場所では、青信号で安全を十分に確認してから渡り始め、横断中も右、左折車などに注意します。 また、赤信号はもちろん、黄信号や歩行者用の信号の青色点滅でも横断せずに次の青信号を待ちましょう。