車に関する知識集ついて
雨の日の自動車運転

交通安全についていろいろなパターンから分析しよう!初歩的なことからマニアックな情報までいろいろまとめました。

運転免許取得をこれからお考えの方、すでに運転免許を取得されている方も運転免許に関する用語について一緒に勉強&復習をしてみませんか? 合宿免許を今後お考えの方も知っておいて損はない交通安全についてここにまとめてみました!

雨の日の自動車運転について

◤雨の日の自動車運転とはどういうものか・・・・?

雨の降る日は司会も悪くなるのは当然ですがそのほかにも自動車を運転する上で注意しなければいけない点がいくつもあります。 ここではそういった雨の日の自動車運転中のさまざまな注意点について一緒に考えていきたいと思います。雨の日の運転で一番気をつけないといけない点としては路面が滑りやすい点と視界が悪い点でしょう。 さらに、雨天時は歩行者もかさなどを指しながら足元などに注意がいっていることが多いため、自動車運転者にとってはさまざまな悪条件が重なるという事実も校了した上で慎重かつ安全な自動車運転を心がける必要があるといえます

 

◤雨天時の自動車運転の視界について

雨の日の自動車運転視界はワイパー作動範囲に狭まれてしまい、周囲の状況や運転環境などの状況判断が通常の運転時よりも困難になるのは確実です。 ワイパー作動が鈍くなってりすると運転中の視界はさらに悪くなり、雨天時の自動車運転の大きな障害となってしまいますのでワイパーに関しては常日頃からの点検整備が必要です。 また、窓ガラス自体も雨天時の運転ではどうしても曇りやすい状態になってしまいますので、エアコンやデフロスターをうまく利用したり、運転前に曇り止めスプレーなどを使用することにより雨天運転時視界を出来るだけよくできるように心がけましょう。 また、昼間の雨天時の自動車運転中にどうしても視界が悪いときは、昼間でも自動車のライトをつけるようにしましょう。 特に高速道路などでは対向車などの大量の水しぶきにより視界がいきなり悪くなることもあるので自動車ライトを点灯させ自分の自動車の存在を対向車に知らせるようにこころがけましょう。