九州〔福岡、鹿児島、熊本〕から人気の格安合宿免許は宮崎県の西都自動車学校へ。食費、宿泊費が無料。普通車運転免許が格安で取得可能。

西都自動車学校

公安委員会指定 | 格安の合宿免許

お電話でのお申込み
0983-43-0267
インターネットから
車に関する知識集ついて
砂利道やぬかるみなどがあるときの運転

交通安全についていろいろなパターンから分析しよう!初歩的なことからマニアックな情報までいろいろまとめました。

運転免許取得をこれからお考えの方、すでに運転免許を取得されている方も運転免許に関する用語について一緒に勉強&復習をしてみませんか? 合宿免許を今後お考えの方も知っておいて損はない交通安全についてここにまとめてみました!

砂利道やぬかるみなどがあるときの運転とは

◤砂利道やぬかるみなどがあるときの運転について

山道などを運転しているといつの間にか知らない道なんかに出てしまい、荒れた道に入ってしまうことなんかありませんか? そういうところでは長い間整備が行き届いておらずに深い溝などが出来ていたり、アスファルトでない土で出来た道で合ったりすることがあります。 ぬかるみなんかがある場合は、低速ギアを友好的に運転に使用し、速度を一定に保ちながら進行していくように心がけましょう。また、そういった環境での自動車運転中は、急ブレーキや九加速や強引過ぎるハンドル操作などは行わないようにしましょう。 また、土ぼこりなんかが多い場所なんかでは、雨降りはじめには舗装道路の表面の土ぼこりがオイル状態に変化し自動車がスリップしやすくなってしまう場所があるので特に運転注意が必要だといえます。 地盤の緩んでしまっている山道なんかでは運転中などに道路自体が崩れてしまうケースがあるようなので自動車運転中は路肩により過ぎた運転はしないように心がけましょう。 また、自動二輪車などで砂利道なんかを走行するときには、体が振動してしまうので両膝を軽くまげてステップ上に立ち、中腰姿勢になって、両腕の力を抜くようにしてハンドルをしっかり握り、両膝でタンクを抑えるようにしてから衝撃を吸収し、バランスをうまくとって運転していくようにしましょう。

&nbsp