九州〔福岡、鹿児島、熊本〕から人気の格安合宿免許は宮崎県の西都自動車学校へ。食費、宿泊費が無料。普通車運転免許が格安で取得可能。

西都自動車学校

公安委員会指定 | 格安の合宿免許

お電話でのお申込み
0983-43-0267
インターネットから
車に関する知識集ついて
自動二輪車バイク運転時の服装について

交通安全についていろいろなパターンから分析しよう!初歩的なことからマニアックな情報までいろいろまとめました。

運転免許取得をこれからお考えの方、すでに運転免許を取得されている方も運転免許に関する用語について一緒に勉強&復習をしてみませんか? 合宿免許を今後お考えの方も知っておいて損はない交通安全についてここにまとめてみました!

自動二輪車バイク運転時の服装

◤自動二輪車運転時の服装について

自動二輪というのは車と違い全身が常に外部にさらされながら運転を行っていくため、事故発生時の傷害が激しい場合が多いのです。 これは重大事故となってしまう危険瀬が非常に高くなるということを意味しています。自動二輪の運転を行うときは体の露出が出来る限り少ない服装を選、他運転者からの判断がしやすいように目に付く色や目に付きやすいものを着用するように心がけましょう。 下駄やサンダルなどでの自動二輪の運転は大変危険なので運転を行わないようにしましょう。 夜間での自動二輪の運転は煩瑣h性の衣類や反射材をつけてできるだけ他の運転者から判断できるように反射をさせましょう。

◤自動二輪運転時のヘルメット着用について

原則として乗用車用のヘルメットを着用せずに自動二輪または原動付自転車を運転することは出来ません。 ヘルメットを着用せずに二人乗り運転をすることも禁止されています。 自動二輪車に乗っていて交通事故で死亡した人の多くは頭部の怪我が致命的な損傷になっているケースが多いようです。 自動二輪を運転する場合のヘルメットはPSマークの付いたものを使用し、あご紐を確実にしめるなど正しく着用しましょう。

◤自動二輪の交通事故による怪我・・・・

自動二輪による交通事故の発生による怪我の中で最も多いのは脚部のけがです。 もしも自動二輪の運転中に点灯してしまった場合は、車両に脚などが巻き込まれないように十分注意しましょう。