強く、早く、絶え間なく

image 今日の午前中は、 2段階の学科教習の 応急救護講習を行いました。   教習生のみなさんが、 真剣に取り組んでくれて 大変良かったと思います。 万が一の事態の時は、 落ち着いて対処できることを 願ってます。   応急救護講習の主な内容は、 心肺蘇生法を実習などにより 覚えてもらうことです。   心肺蘇生法とは、 意識や呼吸がない人に対して 心臓マッサージや人工呼吸を 行うことです。   意識がなくなり、呼吸が止まると、 4?6分で脳が正常な状態に 戻らない可能性があり、 一刻も早く脳に酸素を送るために 心臓マッサージが 必要だとされています。   2分以内に実施できれば 救命率は90%以上になると いわれています。   しかし、 心肺蘇生法の開始が遅れると、 4分後に50%、5分後に25% と、救命率がかなり低下します。   ですから、 もしそのような場面に遭遇した時は、 救急隊が来るまで、 勇気を持って心肺蘇生を 行いましょう。   心臓マッサージは 胸の真ん中を、   強く、早く、絶え間なく   を覚えておきましょう。   (^_^)。。by.TKG            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

koutyou
banner2
banner2

カテゴリー

沼口旅館