九州〔福岡、鹿児島、熊本〕から人気の格安合宿免許は宮崎県の西都自動車学校へ。食費、宿泊費が無料。普通車運転免許が格安で取得可能。

西都自動車学校

公安委員会指定 | 格安の合宿免許

お電話でのお申込み
0983-43-0267
インターネットから

車が故障した場合の措置(バッテリー編)

2013年12月11日

ソラブログ


おはようございます ソラです 昨日は、録画していたクロコーチを観ていました 3億円事件がらみのお話ですが、これがなかなか面白いんですよね 是非見てくださいって言っても、もう終わってしまうんですけどね(笑) さて今回は、故障してしまった場合のバッテリ編をお送りしますね さて、自分の車がバッテリーが上がったときどうしますか?? どうするかと言うと。。。。 ライトなどの消し忘れなどでバッテリーが上がってしまった場合は、他のクルマから電気を一時的に分けてもらうことでエンジンを始動させることができます。これを「ジャンピングスタート」と呼びます。ジャンピングスタートには、ブースターケーブルと呼ばれる2本(赤黒+-)の専用のコードが必要です。不意のバッテリー上がりに備えて、トランクルームには常備しておくことをおすすめします。 ジャンピングスタートを開始する前には、必ずケーブル本体の点検を行ないます。被膜の破損やケーブルの断線、及びバッテリーの端子を挟むクリップ部分にガタがないかを確認して、問題があれば使わないようにしましょう。 ケーブルの点検が済んだら作業を開始します。まず、電気を供給してくれる救援車(トラックは電圧が違い24Vと高圧であるため使用不可)を用意します。ボンネットを開けて隣りに止め、エンジンを停止させてからブースターケーブルをつなげます。一番重要な端子をつなぐ手順ですが、「①上がったクルマのプラス→②救援車のプラス→③救援車のマイナス→④上がったクルマのマイナス(端子ではなくエンジンの金属部分など)」の順でつなげます。確実につながったことが確認できたら、救援車のエンジンをかけてアクセルを踏んで回転を少し高く保ちます。つぎにバッテリーの上がったクルマのスターターを回しエンジン始動します。 エンジンが始動したら、ケーブルはつないだ時とは逆の順番で取り外します。その後、走行することは可能となりますが、バッテリー自体が寿命を迎えていたり、損傷している場合は、エンジンを止めると再び始動できない場合も考えられます。また、発電機が不調の場合は走行中に止まることがあるので、ディーラーや専門店で早めに点検してもらいましょう。 万が一のときに備えて、覚えておきましょう おもちゃ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

koutyou
banner2
banner2

カテゴリー

沼口旅館