福岡、鹿児島、熊本からの合宿免許は宮崎の西都自動車学校へ。食費、宿泊費が無料。普通車免許が格安で取得できます。

西都自動車学校

公安委員会指定 | 格安の合宿免許

お電話でのお申込み
0983-43-0267
インターネットから
車に関する知識集ついて
人間の能力と運動の
ご案内

交通安全についていろいろなパターンから分析しよう!初歩的なことからマニアックな情報までいろいろまとめました。

運転免許取得をこれからお考えの方、すでに運転免許を取得されている方も運転免許に関する用語について一緒に勉強&復習をしてみませんか?
合宿免許を今後お考えの方も知っておいて損はない交通安全についてここにまとめてみました!

人間の能力と運動について

◤認知と判断と操作について

運転者が、走行中にブレーキを行うときに、はじめに目や耳で障害物を認知し、ブレーキをかけるべきだと判断してから、行動を行いますよね?
この運転中における認知から操作への動きというのは時間がかかります。
短い間にすべての情報を認識するのは大変難しいことですね?また、車の走行速度や障害物との距離などを判断するときは、自分の判断が実際の速度や距離とは異なることがあるので注意しましょう。
さらに、周囲の環境や運転手の精神状態などによっても判断がいっそうこんなんになるおそれがあります。人間の能力には限界があることを理解した上での運転が求められます。

 

◤人間の反応時間について

運転者が危険な状況を把握してからブレーキをかけてきき始めるまで約1秒の時間がかかるといわれています。このことを反応時間といいます。
一秒間に走る距離は、速度が速ければ速いほど長くなり、障害物を避けることが難しくなるので、運転時の速度は控えめにし、ブレーキは常にはやめに行うように心がける必要があります。

反応時間の3段階
反応時間=反射時間+踏み替え時間+踏み込み時間

◤視覚の動きについて

車を運転するということは体の動きを使わなければ運転は出来ません。
特に視覚からの情報に大幅に頼る割合が非常に高く、視覚の働きは運転者にとってもっとも大切だといえるでしょう。

◤①視力について

万国式試視力表を使って測定します。
しかしながら、運転中の視力というのは一転を注視したときの視力とは異なります。運転中は一転を注視しないで、必要に応じてたえず目を動かし、くまなく視界に注意を払う必要があります。とくに運転中の速度が速くなると遠方までの情報を正確に把握する必要があります。情報処理を常に心がけた運転をしましょう。

◤②動体視力について

運転中に動きながら何か物を確認する場合、また、動いているものを見る場合の視力のことを動体視力といいます。静止したまま静止したものを見るときの視力【静止視力】に比べ低くなります。したがって、速度が速くなると視力が低下し、それだけで危険な状況の発見が遅れるということになりかねません。

◤視野と速度の関係について

車の速度が速くなれば速くなるほど、運転者の視野は狭くなり、遠くを注視するようになるために、近くは見えにくくなってしまいます。
したがって、速度を出しすぎると近くから飛び出してくる歩行者や自転さHなどを見落としやすくなるので注意しましょう。

◤視覚の順応について

暗いところから急に明るいところへ移動するとはじめはまぶしくてよく視野が確認できない状態になりますが、時間を置くと目がなれてきますね。これを明順応といいます。反対に明るいところから急に暗いところへ入ったときも、最初は何も見えませんが、やがてすこしづつ見えるようになってきます。
これを暗順応といいます。暗順応のほうが明順応よりも時間がかかるようです。

西都自動車学校合宿免許のご案内

九州の福岡、熊本、鹿児島、長崎等はもちろん、関東や
関西からも人気の合宿免許です。宮崎県内からもご参加できます。
運転免許は環境第一。お一人お一人を大事に教習しています。