福岡、鹿児島、熊本からの合宿免許は宮崎の西都自動車学校へ。食費、宿泊費が無料。普通車免許が格安で取得できます。

西都自動車学校

公安委員会指定 | 格安の合宿免許

お電話でのお申込み
0983-43-0267
インターネットから
車に関する知識集ついて
二輪車の特性と乗車姿勢と走行の仕方の
ご案内

交通安全についていろいろなパターンから分析しよう!初歩的なことからマニアックな情報までいろいろまとめました。

運転免許取得をこれからお考えの方、すでに運転免許を取得されている方も運転免許に関する用語について一緒に勉強&復習をしてみませんか?
合宿免許を今後お考えの方も知っておいて損はない交通安全についてここにまとめてみました!

二輪車の特性と乗車姿勢と走行の仕方について

◤二輪車の特性について

二輪車は、体で安定を保ちながら走り、停止すれば安定を保ちながら走り、停止すれば安定をうshなうという構造上の特性を持っています。

 

◤二輪車の重心と安定性について

二輪車の車体に重心があり、人間にも重心があります。人が二輪車に乗ると人・車一体の重心ができます。この人・車一体の重心からの十六と他の力【たとえば遠心力】の合力作用点がタイヤの接地点の線上にある状態が二輪車の安定走行です。
したがって、人・車一体の重心が一方に片寄るとハンドルを取られたりゆるいカーブで転倒したりします。

◤乗車姿勢と操縦性について

人・車一体の重心は、同じ乗車姿勢をとっていれば移動することはありません。
安定走行の要領として、車の変化に合わせて人・車一体の重心を移動させることです。坂道を登るときは、前輪の浮き上がりを防ぐため、前項姿勢をとって人・車一体の重心を前に移動します。
下り坂では腰を引いて、同様のバランスをとります。悪路では、車の変化に合わせて、人・車一体の重心の移動がスムーズに行えるように中腰で運転します。

◤二輪車の正しい乗車姿勢について

正しい乗車姿勢をとることが、二輪車の走行中の重心を安定させる重要なポイントです。次の点を考慮し運転しやすい正しい二輪者の運転を姿勢をとりましょう。
①ステップに土踏まずに乗せて、足の裏がほぼ水平になるようにします。また、足先がまっすぐ前方を向くようにして、タンクを両膝でしめます。
②手首を下げて、ハンドルを前に押すような気持ちでグリップを軽く持ちます。
③肩の力を抜き、ひじをわずかにまげます。
④背すじを伸ばし、視線は先のほうへ向けます。
⑤運転姿勢が前過ぎたり後ろ過ぎたりしないようにシートを着座します。
⑥ステップボートから足先が外側に出ないように、また、足の裏の全体が付くように乗せ、足先をまっすぐ前にむけます。
⑦ひざが外側にあかないように自然に曲げしょう。
⑧手は、グリップの中央をもち、手首は少し角度を持たせます。

さらに停止距離が短くなるケース
これからあげる3つの事例の場合は、空走距離や制動距離が通常よりも長くなり、停止距離がさらに長くなるので注意が必要です。
①運転者が疲れているときには、疲れていない通常時と比べて危険などを判断するまでに時間が長くかかってしまう傾向がありますので、空想距離が長くなってしまいます。
②雨にぬれた道路を走る場合や重い荷物を積んでいる場合などは、制動距離がどうしても長くなってしまいます。
③雨などで路面がぬれて

◤二輪車の正しい乗車姿勢について

正しい乗車姿勢をとることが、二輪車の走行中の重心を安定させる重要なポイントです。次の点を考慮し運転しやすい正しい二輪者の運転を姿勢をとりましょう。
①ステップに土踏まずに乗せて、足の裏がほぼ水平になるようにします。また、足先がまっすぐ前方を向くようにして、タンクを両膝でしめます。
②手首を下げて、ハンドルを前に押すような気持ちでグリップを軽く持ちます。
③肩の力を抜き、ひじをわずかにまげます。
④背すじを伸ばし、視線は先のほうへ向けます。
⑤運転姿勢が前過ぎたり後ろ過ぎたりしないようにシートを着座します。
⑥ステップボートから足先が外側に出ないように、また、足の裏の全体が付くように乗せ、足先をまっすぐ前にむけます。
⑦ひざが外側にあかないように自然に曲げしょう。
⑧手は、グリップの中央をもち、手首は少し角度を持たせます。

さらに停止距離が短くなるケース
これからあげる3つの事例の場合は、空走距離や制動距離が通常よりも長くなり、停止距離がさらに長くなるので注意が必要です。
①運転者が疲れているときには、疲れていない通常時と比べて危険などを判断するまでに時間が長くかかってしまう傾向がありますので、空想距離が長くなってしまいます。
②雨にぬれた道路を走る場合や重い荷物を積んでいる場合などは、制動距離がどうしても長くなってしまいます。
③雨などで路面がぬれて、さらにタイヤがすり減っている場合、乾燥した路面でタイヤの状態がよい場合に比べ、2倍程度にのびることがあります。

◤二輪車の正しい乗車姿勢について

正しい乗車姿勢をとることが、二輪車の走行中の重心を安定させる重要なポイントです。次の点を考慮し運転しやすい正しい二輪者の運転を姿勢をとりましょう。
①ステップに土踏まずに乗せて、足の裏がほぼ水平になるようにします。また、足先がまっすぐ前方を向くようにして、タンクを両膝でしめます。
②手首を下げて、ハンドルを前に押すような気持ちでグリップを軽く持ちます。
③肩の力を抜き、ひじをわずかにまげます。
④背すじを伸ばし、視線は先のほうへ向けます。
⑤運転姿勢が前過ぎたり後ろ過ぎたりしないようにシートを着座します。
⑥ステップボートから足先が外側に出ないように、また、足の裏の全体が付くように乗せ、足先をまっすぐ前にむけます。
⑦ひざが外側にあかないように自然に曲げしょう。
⑧手は、グリップの中央をもち、手首は少し角度を持たせます。

さらに停止距離が短くなるケース
これからあげる3つの事例の場合は、空走距離や制動距離が通常よりも長くなり、停止距離がさらに長くなるので注意が必要です。
①運転者が疲れているときには、疲れていない通常時と比べて危険などを判断するまでに時間が長くかかってしまう傾向がありますので、空想距離が長くなってしまいます。
②雨にぬれた道路を走る場合や重い荷物を積んでいる場合などは、制動距離がどうしても長くなってしまいます。
③雨などで路面がぬれて、さらにタイヤがすり減っている場合、乾燥した路面でタイヤの状態がよい場合に比べ、2倍程度にのびることがあります。

◤二輪の安全な速度と車間距離について

①道路環境などに応じた運転速度
車を運転するときには、決められた法定速度範囲内であったとしても、道路や交通状況、天候や視界などをよく考え、安全な速度で走行しなければなりません。

②安全な車間距離の保持
車を運転するときは、天候や路面、タイヤの状態、荷物の重さなどを考えにいれ、前の車が急に止まっても、これに追突しないような安全な車間距離をとらなければなりません。

西都自動車学校合宿免許のご案内

九州の福岡、熊本、鹿児島、長崎等はもちろん、関東や
関西からも人気の合宿免許です。宮崎県内からもご参加できます。
運転免許は環境第一。お一人お一人を大事に教習しています。